「戦争法廃止の国民連合政府」を!、市民の暮らし守り、救援・復興、放射能対策、原発ゼロへ全力!

FrontPage20160710

「憲法9条守れ」の一票は日本共産党に! 平和の選択を!

 志位和夫委員長の最終盤での街頭演説の抜粋
 安倍首相は『アベノミクス』と野党攻撃しか語らず、憲法を一切語ろうとしませんが、この選挙の最大の争点は憲法問題です。彼らは多数を得れば、この野望に本格的に手をつけようとするでしょう。安保法制=戦争法と9条改憲で、日本を『海外で戦争をする国』にしていいのか。まだ投票先を決めていないみなさん。どうか投票所に足を運んでいただき、この危険な道を許さない審判を下してください。憲法9条を次の世代に手渡したいと願っているすべてのみなさん。どうか日本共産党に一票を投じていただき、平和の選択をしてください。

力あわせ、未来ひらく。

投票は2回あります。

1回目の投票は選挙区選挙です。「浅野ふみ子」と候補者名を書いて投票してください。

2回目の投票は比例代表選挙です。「日本共産党」または「共産党」と政党名を書いて投票してください。

 みなさん力をあわせ、未来を切り開きましょう!

新八柱駅の志位委員長街頭演説に過去最高の800人

気迫の訴え

 7月8日12時半の新八柱街頭演説には過去最高に並ぶ800人が参加し、ドラムも鳴り響き、熱気に溢れました。
 みわ由美県議を司会に、はじめに市民選対「ミナちば」共同体表の岩月佐和子さんが激励あいさつ。浅野ふみ子選挙区候補、椎葉かずゆき比例候補が、平和と暮らし、若者応援の政治を実現するために押し上げてくださいと訴えました。

 次に、志位和夫委員長が演説を始めると新京成駅から降りてきた人たちが立ち止まり、みるみる人垣が膨れ上がりました。野党共闘の勝利と日本共産党の躍進をと切り出した志位委員長は、まず、「改憲が大争点に浮上し、自民への1票は9条壊す一票、共産党への1票は憲法を守る確かな1票です」と訴えました。

 アベ首相の演説について志位さんは「半分はアベノミクスの自慢話、半分は自衛隊問題などでの野党攻撃。自衛隊を戦場に送っていいのかということが問われている。合憲・違憲論の違い越えて野党は結束している今。アベさんこそ自衛隊員の命を軽んじている」と反論しました

 次に「アベノミクスはみなさんの所には回ってきましたでしょうか」と志位さんが問いかけると、いっせいに「こな~い!」の声。志位委員長はアベ首相の言わない2つの数字、5年連続実質賃金低下、2年連続個人消費のマイナスという事実をあげるとともに、年金の株式運用での巨額損失など、経済政策を根本から改めさせると強調しました。

膨れ上がる聴衆

 経済政策では、「アベさんすぐ野党には対案がないというが、アベさんには案がない。日本共産党は格差を正し、経済にデモクラシーをと、3つのチェンジを提案している」と、税金の集め方、使い方、働き方のチェンジを提案。

 最後に比例も選挙区も大接戦、椎葉かずゆき候補をはじめ比例9人を、そして浅野ふみ子候補を国会へ、支持を広げに広げて必ず押し上げてくださいと訴えると、聴衆は大きな拍手と声援で応えました。

椎葉比例候補も松戸駅東口の「トーク集会」で盛り上がる

 7月7日(木)午後4時より、松戸駅東口デッキで、日本共産党の椎葉かずゆき比例候補の「トーク集会」が行われ、40人の聴衆と通行人の飛び入りマイクで、たいへん盛り上がりました。

訴える椎葉かずゆき比例候補

 みわ県議の司会で、まずは椎葉比例候補が戦争法廃止や学費の値下げ、給付型奨学金などの政策と、日本共産党の躍進を訴えました。そのあと、聴衆と通行人の合わせて10人がマイクで質問や意見を出しました。
 ある通行人の男性は、「なぜ民進党といっしょにやるようになったのか」とちょっと納得がいかない雰囲気でしたが、椎葉さんは「戦争法廃止と立憲主義の回復という、これ以上にない大義で違いを超えていっしょにアベ政治とたたかっています。そして何よりも市民が臨んだ共闘です」と答えると、質問しただ男性は首を縦に振り、納得していました。

車いすの方も訴え

 他にも通行人から、「アベのやりたい放題はとめられるのか」、「年金はどうなるのか。働いても老後が心配」、そして車椅子の老夫婦が「介護保険料を払えないと言ったら家を売れと言われた。椎葉先生何とかしてください」という悲痛な叫びも寄せられました。
 3人とも子育てママらしい生命保険会社の若い女性たちににマイクを向けると、逃げながら「保育所全然足りな~い。椎葉さんに言っておいて」と叫んでいました。
 アベ政治への怒りが爆発し、党への期待が広がり、たいへん盛り上がった「トーク集会」となりました。次は新八柱でお会いしましょう!

松戸駅東口集会で本音トーク!共産党と浅野候補への期待が!

 6月29日夕、浅野ふみ子候補は松戸駅東口で市民とのトーク集会を行い40人が参加しました。

浅野さんを国会へと語る今川和子さん

 活かせ9条松戸ネットの今川和子さんは、「戦争法は絶対廃止しなければいけない。そのために共産党に頑張ってもらいたい。浅野さんにはぜひ国会に行ってもらいたい。」と日本共産党と浅野候補への期待を語ってくれました。

 年金生活の女性は、「マクロスライド」で年金が減らされる怒りぶつけました。戦争体験者の男性は、「戦争は破壊と憎しみしか生まない、今ここを通っている若者が戦争に行くとこになってしまうことは絶対認められない」と語気を強めました。

奨学金返済の不安を訴える学生

 大学3年生の女性は、「卒業したら奨学金返さなくてはいけないし、就職もまだなんで大変困っている」と胸の内を語りました。これに対して浅野候補は「イージス艦1隻を削れば給付性奨学金はできます」と明確に答えました。もう一人の就活中の女性学生も奨学金返済の不安を語りました。

 年金生活の男性は、「消費税上げないと年金財源がないと報道されているので不安だ。共産党と浅野さんはどう考えていますか」と質問。浅野候補は「財源は大企業から応分の負担などで9兆円の財源が確保できます。消費税に頼らない別の道を提案しています」とキッパリ答えました。

 通りがかりの中学生も「常々共産党はすごいと思います」と浅野候補をびっくりさせました。
          ⇒浅野候補のツイート

 集会は、小雨の降る中でしたが、本音トークで大変盛り上がりました。

最初の日曜、浅野候補松戸をかけめぐる、若い有権者も注目!

松戸駅東口

 参院選がスタートして最初の日曜日となった26日。日本共産党の浅野ふみ子千葉選挙区候補が松戸市内をかけめぐり、6か所で訴えました。
 松戸駅東口では18歳の女性2人も演説を聞き、浅野ふみ子さんが握手すると「政策を聞いて2人で入れようネと話していたところです」と。

常盤平西友前

 常盤平西友前では、女性のメガホン隊が練り歩き、手製のうちわなど、手に手に応援グッズをもった支持者60人が浅野候補を待っていました。浅野さんの訴えを、遠巻きに若いカップルがずっと聞いていました。

 「産経」と共同通信が1日中取材していました。

 宣伝終了後、浅野ふみ子候補は「今日の驚き」その1=「入れます」という男性が以前はおおさか維新に入れていたこと!その2=太鼓を叩いてコールと訴えを盛り上げてくれたIさんは以前は自民党員だったこと!とツイートしていました。

参院選公示! 比例は「日本共産党」、選挙区は「浅野ふみ子」

 アベ政権による戦争と独裁、格差と貧困への道か、それとも平和と民主主義、経済にもデモクラシーへの道か、日本の命運がかかった歴史的なたたかいが、本日22日、始まりました。

 参議院選挙は投票が2回あります。

1回目は選挙区選挙です。「浅野ふみ子」と千葉県内のご家族・お知り合いに広げてください。
2回目が比例代表選挙です。「比例は日本共産党」と全国のご家族・お知り合いに広げてください。よろしくお願いします。

 日本共産党は、32の1人区すべてでの野党共闘の勝利と、比例代表で9人全員当選、すべての複数選挙区での議席獲得をめざしてがんばります。定数3の千葉選挙区では、比例の大波に浅野ふみ子候補の魅力を上乗せして、必ず初議席を獲得します。

     全国の日本共産党候補と1人区の野党統一候補は⇒こちら

柏駅に過去最高の1600人、次は23日JR津田沼駅北口

6月19日JR柏駅東口街頭演説

 フジテレビ、NHKの党首討論、そして有楽町での市民連合主催の野党党首合同街宣と、過密日程を押して柏駅頭に立った志位和夫委員長の姿を見て、「志位さんだ」と多くの市民が足を止め、若いカップルの姿が目につくなど、過去最高の1600人が集まりました。

 志位委員長は、党首討論のやりとりも紹介しながら、野党共闘、アベノミクス、参院選勝利で開かれる政治展望などを語ると、大きな拍手が起こりました。特に、アベ首相の野党共闘に対する「野合」攻撃への反撃、「税金の使い方を変え、青年に投資しよう」、「野党共闘はこの間の日本共産党の躍進に裏付けられたもの」という訴えには、ひときわ大きな共感の拍手が巻き起こりました。

 いよいよ22日に参院選公示。次は23日(木)津田沼駅北口で会いましょう。

みわ由美代表質問の傍聴に100人!不真面目答弁に怒り口々

登壇して質問し、知事に迫るみわ県議

 昨年10月の代表質問では、傍聴席が満杯になり、鋸南町の汚染土壌処理施設の計画は凍結されました。今回も、100人の傍聴者のパワーを背に受け、森田知事の姿勢を正しつつ、松戸新田のパチンコ出店計画の住民無視、条例違反の疑いを追及しました。

消費税増税、憲法改悪についての質問には逃げの一手

 みわ県議は、戦争法、自民党改憲案、アベノミクスと消費税などの国政に関する森田知事の姿勢をただしましたが、知事は、再質問にもほとんどまともに答えませんでした。

全国へ「比例は日本共産党」と発信しましょう!

 参議院の改選1人区での野党共闘が、全32選挙区で見通しがつきました。その過程で、日本共産党は予定候補者を降ろすだけでなく、降りた予定候補が比例に回って野党統一の予定候補の勝利のために全力を尽くしています。
 こうした日本共産党の姿に、他党の支持者や無党派の人から「比例は日本共産党」という声が広がっています。「野党共闘の勝利と日本共産党の躍進で、自民・公明とその補完勢力を少数に」、これが日本共産党のスローガンです。
 ぜひ「比例は日本共産党」と全国に発信してください!

参院選の日本共産党の予定候補と野党統一候補はこちら

出た~!浅野ふみ子押し出し「ちば民報」byふみネェ推し隊

松戸憲法記念日の集いに1500人!参加者と連帯・激励

 69回目の憲法記念日の5月3日(火)、日本共産党松戸市議団は宣伝カーを出して市内4か所で「憲法をいかす政治を」と訴えました。

松戸駅東口デッキしたで

 松戸駅東口では、椎葉かずゆき比例予定候補、浅野ふみ子千葉選挙区予定候補、みわ由美県議も参加して、市民会館で行われる松戸憲法記念日の集い参加者を激励。多数の参加者から「私も署名集めてます。頑張ってください」など声がかけられました。

 連休中とあって家族連れも署名するなど、短時間の宣伝で25筆の署名が寄せられ、用意した200枚のチラシもほぼなくなりました。

 その後、両予定候補やみわ県議、市議は市民会館の憲法記念日の集いに参加しました。山田洋次監督を迎えた講演会は1500人が参加し、第2会場もあふれました。

浅野ふみ子予定候補の集い参加の感想はこちら

2000万統一署名ラストスパート!(その後6月30日まで延長)

 全国で1000万を超えたといわれる「戦争法の廃止を求める統一署名」。4月末集計で5月3日に到達署名数が総がかり実行委員会から発表されます。いよいよラストスパート!頑張りましょう!

松戸鎌ケ谷地区から2334筆提出

 4月21日(木)午前、衆議院第1議員会館内で、日本共産党国会議員団南関東ブロック事務所による「国会署名提出行動」が行われ、神奈川、千葉、山梨の3県の日本共産党から7万7729筆の「戦争法の廃止を求める統一署名」が提出されました。

 松戸・鎌ケ谷地区委員会からは高橋たえ子市議と野村みつゑ常任委員が参加し、2000万統一署名2334筆を提出し、これまでの累計で1万440筆となりました。

 激動の国会状況を反映してか、今回は斎藤和子衆院議員が委員会開会中で出られず、国会議員は畑野君枝衆議院議員だけでした。

左から畑野君枝衆院議員、椎葉かずゆき(比例)、あさか由香(神奈川)、浅野ふみ子(千葉)、宮内現(山梨から比例へ)の各予定候補

 畑野さんは、熊本地震や国会情勢を報告。TPPをめぐって、参院の特別委員会を設置しない?との動きを紹介し、北海道5区は午前と午後とで世論調査が変化している激動の状況も報告。参院選勝利へ頑張ろうと結びました。

 4人の候補は「保守層が変化している」、「共同が広がっている」など各地の激変ぶりや、各地ののとりくみなどを紹介しながら決意を表明しました。署名の山は、これまでにない高さとなりました。

熊本地震の救援を!オスプレイ送るな!救援募金送ろう!

 4月18日までに43人の死亡が確認され、10万人が避難し、17万戸が断水しているという熊本地震。政府は今すぐ激甚災害に指定して、支援と復旧に全力をあげるべきです。ところが政府は、アメリカ軍に頼んで、危険なポスプレイを救援活動に参加させています。

 オスプレイは、2014年には和歌山県の防災訓練に参加したオスプレイの熱風で芝が焼けて消火活動に追われたことがあります。昨年4月のネパールの大震災では、被災者の救援中に民家の屋根を吹き飛ばしたこともあります。熊本には危険なオスプレイを送らせず、みなさんの気持ち=救援募金を送りましょう!

 5年前の東日本大震災に際して、日本共産党は全国で救援募金約10億円を預かり、被災自治体などに直接届け、多くのボランティアを送りました。今回の熊本地震でも、日本共産党は、すでに国会議員が熊本に入り、地元党組織とともに被災者の救援に全力をあげています。熊本地震救援募金にぜひご協力ください。

17日常盤平駅南口

 日本共産党常盤平支部は17日(日)日中、常盤平駅南口で2000万統一署名と合わせて熊本地震救援募金も取り組み、6人が参加。1時間余りで署名18筆と救援募金20,323円が託されました。

 高橋たえ子市議地域の党と後援会も17日(日)夕、松戸駅西口で定例の宣伝署名行動と合わせて熊本地震救援募金も行い7人が参加。救援募金が1時間で9,919円が託されました。

19日松戸駅東口

 日本共産党も参加する「松戸革新懇」(平和・民主主義・革新の日本をめざす松戸懇話会)は19日(火)、定例の「19日を忘れない」宣伝を松戸駅東口行い、1時間で2000万統一署名13筆、熊本地震救援カンパ1万5550円が託されました。

 山口正子市議と党後援会は19日(火)午後、北松戸駅東口で6人が熊本地震救援募金を呼びかけ、1時間で4321円が託されました。

 熊本地震救援募金は、党議員、党事務所、党員にお預けください。送金はこちらにお願いします。被災自治体などに直ちに直接届けます。
 
 なお、救援募金は日本共産党への募金でなく、お預かりして現地に届けることになりますので、日本共産党では領収書は発行できません。必要があれば「お預かり証」を発行させていただきます。

共産党伸ばして国民連合政府の扉こじ開けよう!・・・津田沼演説会

志位委員長、斉藤衆院議員、浅野ふみ子選挙区予定候補、椎葉比例予定候補が訴え

 4月9日(土)午後2時より、JR津田沼駅北口で日本共産党街頭演説が行われ、4000人が志位委員長の演説に聞き入りました。
 「安保関連法案に反対するママの会@ちば」からは、東京学芸大学准教授の有澤知乃(しの)さんが応援のスピーチを行い、斉藤和子衆議院議員、浅野ふみ子参院千葉選挙区予定候補、椎葉かずゆき参院比例予定候補が、参院選での日本共産党の躍進を訴えました。
 志位委員長は、戦争法施行で、自衛隊が海外で「殺し、殺される」現実的危険が、南スーダンPKOなどで迫っていることを告発し、参議院選挙の真の対決軸は「自公政権対民共合作」などではなく、「自公とその補完勢力対4野党+市民」だと述べました。

居ました!「ふみネェカー」

 「アベノミクス」の破たんも明らかにした志位委員長は、消費税増税中止やTPPからの撤退を力説しました。そして、党略による衆参同時選挙は邪道だが、安倍政権が同時選に打って出るなら、衆参両方で自公とその補完勢力を少数派に追い込もうと呼びかけると、聴衆はドラムやブブゼラ、鈴を鳴らしながら大きな拍手で応えていました。
 何重にもなった人垣で、デッキの上からは見えなかった「ふみネェカー」も、大型宣伝カーから少し離れたところにちゃんといました。

野党共闘を進める国民共同の新聞「赤旗」をお読みください

3・4月特別号外 4/3日曜版3面

「しんぶん赤旗」の魅力と役割その1

「しんぶん赤旗」の魅力と役割その2

「しんぶん赤旗」の魅力と役割その3

   毎日お届けする「しんぶん赤旗」日刊紙は3497円(税込み)
   毎週お届けする「しんぶん赤旗」日曜版は 823円(税込み)
   お申し込みは日本共産党松戸・鎌ケ谷地区委員会📞047-349-1544

浅野ふみ子事務所開きに県内野党と市民団体から連帯・激励が

 千葉県の日本共産党と後援会は3月23日(木)、千葉市生涯学習センターホールで参院選勝利の決起集会を開催し。会場いっぱいの300人が参加。その後、浅野ふみ子事務所開きが行われました。

 決起集会では、日本共産党中央委員会の元選対局長の大幡基夫国民運動委員会副責任者が5野党合意による情勢の激変、千葉選挙区での浅野ふみ子予定候補の勝利の重要性を語りました。
 これを受けて、椎葉かずゆき参院比例予定候補、浅野ふみ子参院千葉選挙区予定候補が決意表明を行いました。

浅野ふみ子事務所開きで花束を受ける椎葉・浅野両予定候補

 決起集会に続く「浅野ふみ子事務所開き」の第1部では、県内各野党からの連帯メッセージが紹介され、来賓として「安保関連法に反対するママの会@ちば」、市民選対「みなちば」、「未来を決める千葉の会」、「戦争法制に反対するミドルズ」などの市民団体からの連帯・激励あいさつがありました。
 松戸が発祥の地である「未来を決める千葉の会」の吉野信次代表は、同会が民主党現職の小西洋之氏とともに日本共産党の浅野ふみ子予定候補を推薦するに至った経過を報告し、「政党と直接提携するのは初めての経験」と、市民運動として一歩踏み出す決意を語りました。
 これを受けて、浅野ふみ子予定候補が、改めて、戦争法廃止と暮らし守るために、何としても参議院に駆け上がる決意を語りました。

 事務所開きの第2部が「浅野ふみ子開花宣言!!」と題して、「房州AKB(あきれたバーサンズ)」ライブなど、楽しく行われました。
 

ポスターをお宅に貼り出してください!

市民とともに勝利を

ポスター貼り出しのお願い

(自民・公明とその補完勢力)(5野党+市民連合)。志位委員長が参議院選挙の対決構図をこう打ち出しました。今度の新しいポスターは、これをイメージしたものです。

 野党共闘をリードする志位和夫委員長と、強力な勝手連もできて今やマスコミも注目する浅野ふみ子参院千葉選挙区予定候補。このポスターを「欲しい」という声が広がっています。ぜひ、みなさんも貼り出しにご協力ください。よろしくお願いします。

ご連絡は⇒047-349-1544(日本共産党松戸・鎌ケ谷地区委員会)

リニューアルし、安心・キレイな事務所を拠点に頑張ります

外観も美しく

 日本共産党松戸・鎌ケ谷地区委員会事務所の大規模修繕が完了しました。

 外壁と屋根の高圧洗浄と塗装で外見もキレイに、雨もりもなくしました。1階廊下の床材を貼り換え、2階への階段の滑り止めも新調しました。さらに、1階と2階のトイレを交換、1階はウォシュレットに、2階のトイレでも手洗いができるようになりました。

西日に輝く1階の床

 安心、キレイになった事務所を拠点に、戦争法廃止へ頑張ります。5野党合意を力に、夏の参議院選挙で野党の勝利と日本共産党の躍進で、アベ与党と補完勢力を少数派に追い込むために、全力で奮闘します。

 事務所修繕募金には多くの方にご協力いただき、ありがとうございます。引き続きご協力をお願いします。
 募金は、お近くの党員・地方議員、党事務所までお願いします。郵便振替は、下記の口座にお願いします。通信欄に「事務所修繕募金」とご明記ください。

   口座番号 00160-1-19060 
   日本共産党松戸・鎌ケ谷地区委員会財政部

戦争法廃止、立憲主義回復へ5野党が合意し選挙協力へ

5野党党首会談(2月19日)

 民主、共産、維新、社民、生活の5野党党首は19日、国会内で会談し、国政選挙での選挙協力などで合意しました。会談後、国会に「戦争法廃止法案」が野党5党で共同提出されました。
 ⇒「しんぶん赤旗」報道

 この合意にもとづき、週一回のペースで5野党の幹事長・書記局長による協議が23日からスタートしました。初回の協議では5野党党首会談の合意事項が再確認され、共産、民主の2党間協議も適宜開催することも確認されました。
 ⇒「しんぶん赤旗」報道

「戦争法は廃止」、「野党は共闘」の声が実る

 「安保関連法に反対するママの会」発起人の西郷さんは、「野党共闘のこう着状態は、たくさんのママを不安にさせました。今回やっと、話しがまとまったことは、素直にうれしい。〝アベ政治を許していては、もう生きていけない〟という声を国会にぶつけていきたい」と述べています。
 SEALDsの奥田さんは、「みんなが国会前や街頭で『野党は共闘』を訴えてきたことが無駄ではなかった。本当にうれしい」と語っています。

野党共闘をさらに前に進めるために2000万署名達成を

 野党共闘と選挙協力をさらに前に進めるためにも、戦争法の廃止と立憲主義の回復を求める2000万人統一署名が大事です。全国2000万、松戸で8万、鎌ケ谷で1万6千をを集めきりましょう。ぜひ、ご家族、ご近所、全国のお知り合いから集めてください。
 ⇒署名用紙

参議院選挙で野党の勝利と日本共産党の躍進でアベ与党と補完勢力を少数派に

 戦争法を廃止し集団的自衛権行使容認の閣議決定を撤回するためには、まずはこの夏の参議院選挙で、32の1人区での野党の勝利ととともに、比例と複数定数区での日本共産党の躍進が決定的です。
 アベ暴走と正面から対決し、共同の力で政治を変える党、安倍政権に代わる「国民連合政府」構想を提唱する党、日本共産党を躍進させてください。

2000万署名にも春が?2・19宣伝でいつもの5倍集まる

2月19日松戸駅東口

 「9月19日を忘れない」と2月19日(金)、日本共産党も参加する松戸革新懇(平和・民主主義・革新の日本をめざす松戸懇話会)の宣伝署名行動が12時から13時まで、松戸駅東口で行われ、9人参加で2000万人統一署名50筆が寄せられました。

 この間の宣伝では、寒さもあり、1時間で参加人数と同数程度の署名しか集まりませんでしたが、春の日差しが暑いくらいのこの日の松戸駅東口は、4人が署名板を持ち、4人がチラシ(2・7集会の様子と2000万署名の訴え)を配布し、事務局長の室谷さん、事務局員の佐藤さん、民青同盟のU君、樋野口の住民のIさん、日本共産党の横堀地区委員長がマイクを持つというなかで、どの署名板も10筆前後が寄せられました。

2月19日松戸駅東口

 「安倍首相はどうしようもない」、「東京大空襲で逃げ回った」と次々対話になり、夫婦で署名してくれた方もいました。同じ場所でティッシュ配りをしていた若い女性も署名してくれました。

 宣伝終了後、宣伝参加者は「すごいな。2000万署名にも春が来た。20人いたら100筆集まったね」と笑顔で話し合っていました。

 松戸革新懇では毎月19日の12時~13時を定例宣伝にしてますので、どうぞご協力ください。

2000万統一署名(松戸8万、鎌ケ谷1.6万)を必ず!!

 昨年の11月3日からスタートした「戦争法の廃止を求める2000万人統一署名」は、「戦争法は廃止」・「野党は共闘」の中心的運動です。しかし、本当にそんなに集まるでしょうか。集めても署名に戦争法を廃止する力はあるでしょうか。少し歴史を見てみましょう。
核兵器使用の手を押さえた「ストックホルムアピール署名」
 1950年、核兵器禁止を求めるストックホルムアピール署名が開始され、世界で5億人、日本でも645万人が署名しました。最近亡くなった元女優の原節子さんも、アメリカ占領軍の圧力の中で署名したことは有名です。この署名に代表される国際世論により、アメリカは朝鮮戦争で核兵器の使用ができなかったと、キッシンジャー元米国務長官も回顧録で語っています。

松戸の中学校給食を実現した6万署名
 松戸でも20年以上前、中学校給食の実施を求めて約6万の署名が集まりました。これを受けて臨時市議会も開催され、1995年、平成7度に全校で一気に開始されました。

松戸・鎌ケ谷で9.6万(共産党4.8万)で空気を変える

統一署名の推移と目標

 2000万署名は松戸では8万、鎌ケ谷で1.6万に相当し、これを集めきれば確実に空気は変わります。共産党は半分の松戸で4万、鎌ケ谷で8千が目標です。松戸ではかつての中学校給食を求める署名を超える目標となり、共産党もこれまでの7倍のペースアップが必要で、本気度が問われます。安倍首相は明文改憲まで表明しました。2.7集会の成功も力に、2000万署名を集めきり、戦争への道をストップさせましょう。みなさんのご協力をよろしくお願いします。

署名用紙ダウンロード

2・7総がかり集会に1000人超!戦争法廃止へ熱気

壇上は「ママの会@ちば」、はめ込み画像です

 2月7日午前、松戸市民会館ホールで2・7「2000万署名総がかり松戸集会」(戦争させない・9条壊すな!2000万署名総がかり松戸実行委員会主催)が行われ、会場いっぱいの1000人を超える市民が参加し、熱気に溢れました。…続きを読む

これまでのページは⇒こちら

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional