「戦争法廃止の国民連合政府」を!、市民の暮らし守り、救援・復興、放射能対策、原発ゼロへ全力!

FrontPage20160826

念願の南口エレベータ開通を住民と喜び合う・・・新京成常盤平駅

常盤平駅南口エレベータ「初乗り会」

 待ちに待ったエレベータ開通は22日10時でしたが、台風のため一日順延し、23日午後5時に、常盤平の党支部と後援会は「初乗り会」をおこない、みわ県議、山口市議、後援会事務局長などが参加しました。

 2010年5月、住民の要望を受けての初の新京成本社要請では、「北口にあるから、南口につくるつもりはない」という、全く聞く耳をもたない状況でした。

 このままではエレベータがつく展望はないと、常盤平党支部が6月から署名を開始すると「私が生きているうちにつくって」、こう訴えていく人が必ずいて、毎週の駅宣のほかにロングラン署名も行い、11月に市議選で初当選した山口正子さんも議会ごとに取り上げ、2011年、12年と市長交渉、対新京成交渉を続けました。

 それでも「南口は駅の構造上も困難だからエレベータはつくらない」という新京成の態度が変わらないなかで、市長は市民の声に押され、「市の責任で市の施設としてつくる」と表明。2011年の9月議会に基本調査のための補正予算が組まれました。

 その間も、常盤平の党と住民は署名行動を続け、2012年度予算に設計費が、13年度予算に工事費が計上されました。その後も様々な問題が生起して着工が遅れましたが、市と新京成の話し合いも続けられ、ようやく15年12月に工事開始、16年8月22日に開通したのでした。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional