「戦争法廃止の国民連合政府」を!、市民の暮らし守り、救援・復興、放射能対策、原発ゼロへ全力!

みわ由美

日本共産党前県議会議員 みわ由美(三輪よしみ)

みわ由美

 私は、来春の県議選で5期目、引き続き何として皆さまの願いを県議会に届けるために頑張る決意です。

 安倍政権のもとで低年金や低賃金、貧困と格差拡大が広がり、松戸市でも影響は深刻です。児童虐待の増加に対応できる県立児童相談所を松戸で増やし、子どもの医療費助成を県制度も拡大して高校3年生まで広げるため頑張ります。

 松戸市内では特養も県営住宅も全く不足しており、県営住宅の応募倍率は、県下トップの50倍、80倍です。命と暮らし守るために増設めざして頑張ります。

 また昨年度は、県内の残土、産廃、再生土等の埋立問題で、県内の多く地域の住民と力を合わせて、環境守れの請願を全会一致で採択させるまど県政を動かしてきました。

 これからが正念場です。決意の最後に、今年は安倍改憲阻止、なんとしても平和憲法を守り抜きます。市民と野党の共闘を大きく広げるためにも、千葉県議会で日本共産党の議席を大きく増やしたい。私、みわ由美は松戸市から何としても勝ち抜く決意です。よろしくお願いします。

2018年2月14日 日本共産党千葉県議会議員 みわ由美

   みわ由美のホームページは⇒こちら

   みわ由美のツイッターもフォローをお願いします⇒こちら

プロフィール
1955年、京都生まれ。立命館大学産業社会学部卒業後、大阪や京都で会社勤務。88年党松戸市議団事務局長。99年、千葉県議会議員選挙で(松戸市)で初当選。文教常任委員、県土整備常任委員を歴任し、現在環境生活警察常任委員。県議4期目。
現在、党市災害対策本部長。趣味はギターの弾き語り。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional