「戦争法廃止の国民連合政府」を!、市民の暮らし守り、救援・復興、放射能対策、原発ゼロへ全力!

FrontPage20170309

千葉を変えるチャンス!すみやさんを知事に!

ご一緒に県政を変えましょう!

 本日9日告示、26日投票で千葉県知事選挙が行われます。今度の知事選挙に、市民と野党の共同で擁立したのが、元県立高校教諭のすみや信一さんです。自由党や共産党、市民ネット、新社会党など5つの野党と会派が応援しています。千葉6区では民進党の生方幸夫前衆議院議員も応援しています。県政を変えるチャンスです。すみや信一さんを押し上げ、ごいっしょに住みやすい千葉県をつくりましょう。

 知事選挙には、すみや信一さんのほか有力2名が名乗りをあげています。現職の知事と元浦安市長です。2人とも元々自民党で、侵略戦争を美化し改憲をめざす右翼的思想の持ち主です。これでは政治の流れは変わりません。
 日本共産党は、すみや信一さんを知事に押し上げ、千葉県政を大もとから転換します。

 第一の転換は、暮らし・福祉後回しの県政から、県民の命と暮らし最優先の千葉県にします。
 保育所不足が深刻で、待機児は3800人、特養ホームの待機者は1万3000人です。
 千葉県の財政力は全国4位で、県民一人当たりが納めている住民税も全国4位の高さです。しかし、福祉にあてる予算である民生費は全国最低クラスで、県民1人当たりで全国平均より5万円も少なくなっています。

 ではどこにお金が使われているのでしょうか。県内の財界団体「千葉県経済協議会」は、毎年県に要望を提出し、成田空港の機能強化や圏央道、外環道、北千葉道路など巨大道路の早期整備等を要求し、それに誠実に応えているのが千葉県です。すみや信一さんは、この税金の使い方を正して、県民最優先、暮らし最優先の県政に切り替えます。
 保育園の待機児をなくす。30人学級の実現。「ブラック企業」をゼロにするなど、子育て安心、若者に未来をとどける千葉県にします。また、社会保障の充実で貧困をなくし、安心して暮らせる千葉県に変えます。

 第二に、中小企業や農林漁業に光を当て、元気な千葉県にします。
 県の農業予算は、この8年間で半分に減らされ、〝農業県千葉〟の出荷額も2位から4位に落ちました。地域を元気にするために、基幹産業である農林水産業の抜本的な育成はかかせません。また、地域経済活性化の切り札として多くの自治体で行っている「住宅リフォーム助成制度」を千葉県でも創設します。公共事業は生活密着型に転換し、通学路の安全対策など、業者の仕事確保と雇用を拡大します。

 第三に、県内での「戦争する国づくり」への動きをやめさせ、平和を守り、憲法を生かした県政に転換します。
 木更津駐屯地が米軍機オスプレイの整備拠点基地になりました。オスプレイは沖縄で墜落するなど重大事故が相次いでおり欠陥機です。習志野演習場の空挺団の訓練に米軍が初めて参加するなど、米軍の世界戦略に組み込まれる事態が進んでいます。
 すみや信一さんは、9条守れ、戦争法廃止の声を千葉から発信していきます。

 みなさん、安倍政権の暴走が止まりません。憲法改悪や戦争法、沖縄への米軍基地建設など「戦争する国」づくりへ突き進んでいます。そして、森友(もりとも)学園への異常な国有地払い下げ問題。一切、解明しようという姿勢はありません。千葉がどのような審判をくだすのか、全国が注目しています。すみや信一さんの勝利で、「安倍政権NO」の審判をくだしましょう。

 みなさん、市民と野党の本気の共同で、安倍暴走政治への審判と千葉県政を転換しましょう。市民が選んだすみや信一さんへのご支援と、そのご支援の輪を大きく広げていただきますようお願いいたします。

2017年3月9日 日本共産党松戸・鎌ケ谷地区委員会

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional